40代独身女性 新築マンションを買う!

アラフォー女性 つれづれなるまま日記

アラフォー女性が日々のよしなし事を綴ります

マンション売却終了!

こんにちは。hagyです。

40代独身女性が新築マンションに住み替えにチャレンジしています。

 

ようやくここまできました。
とうとう、マンションの売却が終了する日です。GW前にすっきりさせたかったので、4月最終週に行いました。

 

 

 

f:id:hagy1995044:20210222115242p:plain

当日は大安。
お天気も晴。
気分よくでかけました。

 

場所はいつもの不動産会社の事務所。

今回、買主は業者だったので、ローン等関係ないことから銀行でなく、不動産会社の事務所でOKとのことでした。

 

事務所に到着すると、すぐに買主、そして司法書士の先生が来られました。


不動産会社の担当者(Mさん)がいないうちから、書類の説明に入り、実印を押捺していきます。

お話をきくと、どうやらお二人ともにこの後も予定があり、時間との勝負のようです。


なんていうか、土壇場で「やっぱりやめますとか言われたらどうしよう」とかいう心配は、全くしなくて大丈夫そうでした。

 

やがて不動産会社の担当、Mさんが現れ、マンションの売却残金の決済、これから1月までのhagy家の賃貸料、マンションの管理費+修繕積立金の精算、すべて書類に目を通し押捺すると、買主がすぐに会社に電話をして振込を依頼、その後数分で振込完了の連絡があったようで、確認するようにお願いされました。

 

わたしはネットバンキングを利用していますので、確認はあっという間。しっかり金額が振り込まれていました。(おそらく生涯一な預金額になりました笑)

 

 

f:id:hagy1995044:20210511153029p:plain

イメージです(^^)

 

振込がされていることを確認すると、挨拶もそこそこに、ささっとお二人は退席。

本当に急いでいるようです。

 

それからMさんに、仲介手数料の残金を支払い、契約関係は全て終了となりました。

 

Mさんに聞いたところ、月末は不動産関係は忙しいそうなんですが、今年は、特にGWに入る前の4月最終週は特に忙しいとのこと。


Mさんの会社は火・水が定休日。29(木)が祝日のため休み。そのため、月・金しか契約ができず、かなりツメツメなスケジュール。


司法書士の先生は、法務局へいき、マンションの権利がhagy家から買主へ移す手続きをしなければならず、総務局は平日しか受付ていないとのこと。

そりゃ忙しくなりますね。

 

実はMさんは今回転勤されていて、県内ではあるけれど、ちょっと遠くの地区の担当となっていました。
昇進でしょうが、本人は昇進なのか左遷なのか・・・笑と笑っていました。

 

土地柄でいろいろ需要が違うようで、大変そうです。
でも、Mさんならきっと大丈夫。

 

結局、hagy家の関連については、来年1月の引っ越し(買主への引き渡し)までMさんが担当してくださるそうです。

とても心強いです。これも新築マンションの担当、Aさんのお力です。

Mさんの担当地区について10分ほど雑談して、Mさんにお礼をいって事務所をでました。

 

所要時間はだいたい1時間弱。決済には2時間程度かかるといわれていたものの、半分の時間ですみました。


ネットバンキングですぐに振込が確認できたおかげでしょうか。

 

hagy家がマンション住み替えを決意したのが12月。

結局、マンション売却についてはほぼ4ヵ月ですべてが終了しました。

長かったのか短かったのか・・・最後1ヵ月はほとんど何もしていないので、実質3ヵ月くらいでしたし、短くすんだんでしょう。

売れなかったらどうしよう?という心配がなくなったことは、精神的にとても楽ですね。

 

残るは新築マンション購入の住宅ローン問題。

頭金は無事に用意できました。
あとは団信に入れるかどうか。

 

ただ、これは10月頃にならないとわかりません。

 

それまでは、もう少し部屋を片付けつつ、引っ越しに向けて準備をしっかりしたいと思います。

 

ちなみに、このブログは一応マンション住み替えブログですが、しばらくはふつうの日々のつれづれブログになりそうです。

 

ご容赦くださいませ。