40代独身女性 新築マンションを買う!

アラフォー女性 つれづれなるまま日記

アラフォー女性が日々のよしなし事を綴ります

マンション売却の契約日

こんにちは。hagyです。

40代独身女性が新築マンションに住み替えにチャレンジしています。

 

ようやくここまで来ました。
マンション売却の契約日です。

 

 

f:id:hagy1995044:20210222115242p:plain

 

前日の荒天がどこにいった?というくらい、多少風が強いけれど穏やかな日でした。

先方の都合により、午前中に動くことが多いhagy家にしては珍しく、夕方からの契約となりました。

 

わたしは昼のみ大好きなもので、休日のなにもない日はお昼からだらだらごはん&お酒を楽しみ、夕方以降、夜ごはんも含めて食べないのです。

 

平日は残業が多いので、夜ごはんはほぼ22時くらい。これは胃腸によくありません。

なのでお休みくらい早めのごはんで絶食時間を少しでも長くすることを心がけています。


話が脱線しました。マンション契約話へ戻ります。


この日は「先負」で、夕方からの契約は吉だそう。
先方は不動産買取業者なので、そういう縁起もかつぐのでしょうか。

とはいえ、当日は、hagy家も日課の早朝散歩で地元の氏神様を参拝して、無事の契約をお願いしてきました。

 


契約時の持ち物は、

  • 印鑑証明書
  • 実印
  • 本人確認書類(運転免許証)
  • マンションの権利証

です。

 

すべてそろえて持参して、仲介業者の事務所での契約にのぞみます。

 

事務所に到着すると、モデルルームでお会いしたMさんの上司、Rさんが顔をだしてくれました。

物件が高く売れてよかったですとのこと。

Mさんががんばってくれたんですよー、と一言いっておきました。
まあ、売却額が高ければ仲介手数料も上がるから、win-winですよね。


この日、マンションを購入してくれる不動産業者さんとはじめてお会いしました。

まあ業者さんなので特に感慨もなく。

これが一般の方だったら、うちのマンションに住んでくれる人ってどんな人なんだろうって気になっちゃいますよねー。


席につくとすぎにMさんから契約書の説明がありました。
いちおう一通り読み上げて、説明をしてくれるので、おそらくは30分はかかりました。

 

それから住所、記名、実印の押捺の繰り返しです。何回住所を書いて名前を書いて印鑑押したのかまったくわかりません。
ただ、押捺は押せば押すほどうまくなりました笑

 

Mさんには、ほとんどの人は最後の方はてきとうな押捺になるのに、hagyさんはきちんと押せていてすごいです、という喜んでいいのか微妙なお褒めの言葉をいただきました。

 

不動産買取業者さんは、会社名と住所、社長名で、ゴム印なんですよー!

思わず羨ましいといったら、笑われました。

ほんと、わたしもゴム印があればよかったのに。


その後、手付金を受領しました。これがほんとに現金でした。

 

まさか数えるの?とお札を見ていたら、Mさんがお札を数える機械をもってきていました。

よかった。

銀行員のように扇にして数えるのかと、本気で思っていました。

機械にかけて間違いのないことを確認して、先方に受領証を渡します。

残金は後日いただくことになります。

まさかそこでも現金じゃないよねとおそるおそる聞いてみたところ、さすがに振込でした。
またまたよかった。

 

無事契約もすみ、買取業者さんから一度内見したいと要望があり、これも後日調整となりました。

 

ここで買取業者さんは退席。

 

これから仲介手数料の半額と契約書に貼った収入印紙代をMさんの仲介会社に支払います。
これは今日いただいた手付金からの支払いなので、こちらからは現金の用意は全く必要なし。

これまた機械でお札を数え、間違いないことを確認したら、受領証をMさんからいただきます。

 

次回、引き渡し日については、登記の関係上、どうしても平日、しかも午前中となるので、会社を休まないとならないようです。

賃貸契約は5月から。なので4月末が引き渡しということになります。

 

実は4月末に温泉旅行を計画しているhagy家(もちろんコロナ次第)。
どうせなら引き渡しをすませて、お祝いをかねて温泉がいいねということになっています。


詳細はメールで連絡することになり、Mさんに見送られ、まずはATMへ。

いただいた手付金の残金を入金しないと落ち着きません。

無事入金できて、ようやくほっと一息。

 

母と足早に帰宅して、お風呂に入ってから、ささやかなお疲れ様会をしました。

 

マンション住み替えを決心したのが、昨年12月。約3ヵ月で契約まできました。順調すぎるほど順調です。

 

順調なのはいろんな人に手助けしてもらったから。

 

特に新築マンションの営業担当のAさん。

 

Aさんに出会えたから仲介業者のMさんに出会え、がんばって高値で売却できました。

Aさんにしてみると、hagy家がマンションが売却できないと新築マンションの購入もなくなるので困る、ということはあるにしても、です。

 

わたしは本当にいろんな人に助けられている。それを日頃は忘れがち。

 

感謝を忘れないようにしようとあらためて思った、そんな契約日となりました。