40代独身女性 新築マンションを買う!

アラフォー女性 つれづれなるまま日記

アラフォー女性が日々のよしなし事を綴ります

モデルルームを見に行く(AマンションとBマンション)②

 

  • Aマンション 最寄り駅から徒歩9分 Bマンション 
  • Bマンション 最寄り駅から徒歩13分 (Aマンションと同じ売主)
  • Cマンション 最寄り駅から徒歩13分 (Cマンションと道をはさんだ向かい)
  • Dマンション 最寄り駅から徒歩6分 (今のマンションから見える)

  ※モデルルームの情報を最寄り駅からの距離で整理してみました。

 

さて、初モデルルーム訪問です。

 

経緯はこちら

 

 

hagy1995044.hatenablog.com

 

 

f:id:hagy1995044:20210202150740j:plain

 

 

Aマンションのモデルルームは隣駅にあります。

モデルルームって、マンションのそばに作るものだとてっきり思い込んでました(←無知ですみません)

事前にマンションの立地を確認しておいて正解でした。


モデルルームは駐車場の一角にプレハブで作られたものでした。

初めてなので少し緊張しつつ中に入ると受付があり、検温と手指の消毒をして、建物の奥に入ります。

居酒屋さんの個室のようなところに通され、モニターに映された飲み物のメニューのうち、好きなものをいただきます。

駅から徒歩3分程度だったのに、あの日はとても寒くて手がかじかんでしまい、温かい飲み物をいただけてうれしかったです。


あたたかいお茶と一緒に渡されたのはアンケートでした。

このアンケート。どこまで本当のことを書いていいやらわからず、なんだか適当になってしまった気がします。

 

f:id:hagy1995044:20210128182715p:plain


本来は年収とか予算金額とかきちんと書くのでしょうが、なんせ初めてのモデルルームで、母もはじめてで、二人してどうしていいやらといったかんじでした。

たしか勤務先も記入する欄があり、ためらったことを覚えています。

たぶん、とりあえずモデルルームみてみようという軽い気持ちだったからかもしれません。

とにかく適当(すみません)に記入したアンケートを受付の人に渡して、しばらくいただいたお茶を飲んでいると一人の女性が入室してきました。(Aさんとします。)

 

f:id:hagy1995044:20210128182744p:plain

 


担当してくれたAさんは、挨拶もはきはきとした、指先のネイルにも気を遣う女性でした。なんとなくの勘で仕事できる系と思われます。

案の定、いただいた名刺には「チーフ」とありました。

これまたなんとなく、いい人にあたった予感がしました。

 


Aさんは、早速わたしが適当に書いたアンケートみて、

「ご希望の物件ですと、Bマンションをおすすめしますね」


???

?マークが頭に浮かぶわたしと母。


わたし 「Bマンション??」

Aさん 「そうです。Bマンションも私どもが売主です」


そうなんです。

うかつでずさんなわたしは、最寄り駅から徒歩9分のマンションと、最寄り駅から徒歩13分のBマンションの売主が同じ会社と気付かなかったのです。

そしてこのモデルルームはAマンションとBマンションのモデルルームで、どちらも見ることができたので、時間の節約となり、とてもラッキーでした。
(ですが、これがこの日午後の予定に影響することになるのですが…)


Bマンションは事前にとりよせたパンフレットを見る限り間取りが広く3LDK以上のようだったため、てっきり価格もBマンションが高いと思いこんでいたところ、なんとAマンションのほうが価格が高かったのです。

 

その理由はこうでした。


・駅から近いこと

ディスポーザーがついていること

・住所が「T地区」で、小学校の学区が「T小学校」、中学校の学区が「M中学校」であること

 

Aさんによると、この「学区」が重要なんだそうです。

T小学校やM中学校は教育内容がとても評判がよく、学力テストでも上位に位置していて、できればこのT小学校やM中学校に通わせたいと考える親御さんが多いとのこと。

 

ここで、母が祖父からいわれていた「学区が重要」ということも腑に落ちました。

昔からそうなんですね。

 


ちなみに、よく考えれば最寄り駅に近いほうが高いということはわかります。(ただ、あのときのわたしは不動産に疎くて、㎡数が広い=高い と思い込んでいました)

ディスポーザーについては、あったほうが便利ですよね。


Bマンションと、Bマンションに近いCマンション(Cマンションは別の売主です)についても、念のため散歩がてら立地確認をしていたので、よかったです。

 

ですが、実際に現地をみて、母から「ここはちょっと…」とNGがでていました。

それは、夜、街灯が減って道が暗いということでした。

また、すぐ横を高速道路は通っていて、そちらの高架下(トンネル)がこれまた暗く、さすがにわたしでも女性一人ではちょっと、と思いました。


わたしは今でこそコロナ渦の影響で飲みにもいけなくてそれほど遅くなることはありませんが、飲みに行けば終電ということはしょっちゅうです。

そのため、女性の深夜の一人歩きには、母はとても過敏です。

 

以前、わたしと母は「共依存だ」とあるお医者さんにいわれたことがあります。

この20数年間の家庭状況がそうさせたのかもしれません。(このあたりについては後日ブログに書くと思います)


わたしがローンを組んで買うマンションなので、母の意見は不要。

そういう人もいるかと思います。それも当然とわたしも思います。


ですが、妥協できるところは妥協してもいいなと思うのがわたしなのです。

 

わたし「Bマンションは母がちょっと。夜道が暗いのと駅から遠いというのがネックのようです」

Aさん「そうですね、確かにAマンションに比べると暗いかもしれません」

母「hagyは帰りが遅いので…」

Aさん「わかります。わたしも娘だったらAマンションをすすめると思います」

母「!」


さすが、Aさん。仕事できる系。
このやりとりで母はAさんのことを「話やすくていい人」と認識したようです笑

 

ただ、Aマンションは価格が…

 

つづきます